食欲が止まらない 病気

食欲が止まらないのはなにかの病気?

食欲が止まらないのは、むちゃ食い障害、もしくは神経性大食症の可能性があります。
暴飲暴食だけであればむちゃ食い障害という病気です。このむちゃ食い障害は肥満者に多くみられます。
短時間に大量の食べたり飲んだりしますが、それを出そう・消費しようという行動がみられません。
女性の約3.5%、男性の約2%にむちゃ食い障害がみられます。そじて何らかの減量プログラムを受けている肥満者のうち、3割はむちゃ食い障害の患者です。
 一方、暴飲暴食した後に、嘔吐や下痢、必要以上の運動をしたり絶食をしたり、またはお薬や利尿剤を飲むなどをする方は「神経性大食症」という非常に恐ろしい障害です。主に青年や若い成人に多く、精神的ストレスがきっかけで過食が始まる場合が多いです。たいては過食には自制できないという感覚が伴い、通常は空腹でなくても食べたり、苦しくなるまで食べ続けたりします。その後に排出しようと行動するので、むちゃ食い障害とちがい、正常または正常に近い体重の患者が大部分を占めるのが特徴です。自己嫌悪に陥った結果、自殺を図る場合もあり、自殺の可能性が拒食症よりも高いため、摂食障害(中枢性摂食異常症)としての病院での治療が必要です。

関連ページ

食欲が止まらない原因を知れば対策が取れる!
食欲が止まらない原因とどうすればいいのかの対策
食欲が止まらない時はどうすればいいのか、その解決策はこちら
食欲が止まらない時はどうすればいいのか,その解決策はこちら
食欲が止まらない時は何科の病院に行けばいいのか?
食欲が止まらない時はどこの病院に行けばいいのですか?